地域の元気を伝えるwebマガジン・つちのこの、わくわく編集日記。

20131220

おひさしぶりの更新☆/秋といえば…さくら?愛知県・小原「四季桜」のお話



こんにちは〜〜〜!みまさま、おひさしぶり。約1年ぶりの、更新です。

諸事情で、今年度つちのこマガジンは少しお休みしながらも、ぼちぼちと取材を重ねてきました。2013年!!もあと少しですね。みなさんおかわりありませんか?


今年は、春から秋にかけて、愛知県の豊田市、小原(おばら)という地区を取材してきました。

小原は、熊もでる!!という山深〜い田舎です。もうちょっといくと岐阜、みたいな愛知のはしっこ。コンビニもスーパーもあまりなくて、なんと高校がない!
(小原の子供たちは、高校進学と共に家を出るか、超早起きして外の高校へ通うんだそう…)

しかし!!そのようなど田舎にも関わらず、おじいちゃん、おばあちゃんがとっっっても元気なんです。何かとみんなで集まって、わいわいしています。


そして、そんな小原のとってもめずらしいモノ、は、な、なんと!!




ジャジャーーーン



はあ…咲き始めの桜が、なんともうららかな春……。

と思いきや、つい先月、11月の小原の桜なのです!!



そうなんです。小原いち、有名なモノといえば、秋に咲く「四季桜」なのです。



きれいですねえ。春の桜ほど、たわわに咲くわけではなく、枝にぽつり、ぽつりと花をつけます。上の写真で、満開に近い状態です。




そして、この桜とともに、まっかっかな紅葉や、まっきっきの銀杏が見られるという、不思議な景色が楽しめる。ねえ〜。






太陽があたたかい…。




もうね、本日は、お日柄もよく、



空はすんで、空気はつめたく、なんともすがすがしい秋の日です。
葉っぱは色よく染まってて、ほんとうに、秋真っ盛り。


あ、普通に桜を抜きにしても、紅葉も、とってもきれいです。







おじさんも目をほそめて、いいですな〜と歩いてらっしゃる。





おうおう、燃えろ、燃えろ。






おや、発見です!モミジの葉っぱは、逆行で見ると、鮮やかに赤い!!
どうしてかしら…?表から見ると、ちょっとくすんで見えるんです。



モミジもいいけど、イチョウもいいですよ。




わあ〜〜〜。わ〜〜〜い。飛び込みたくなっちゃいますね。






小原、薬師寺の近くの大イチョウの木のした、
お昼ご飯をひろげてらっしゃる老夫婦がいました。



あー今日はとっても平和だなあ。







そして小原・四季桜のメインストリーム、「薬師寺」へ…!




桜、モミジ、桜、モミジ、桜、桜、桜、モミジ。

錦絵のよう〜。


こちらが、薬師寺というお寺の斜面に生えている、四季桜とモミジの風景です。





これを登っていくと、



てっぺんにこんな感じのお寺が。



おばちゃんが境内で売ってた「酒まんじゅう」が、なんともおいしい湯気を出していたので、思わず買ってしまいました。



まるくてきれいだね。

私の地元・三重の酒まんじゅうは、もうちょっとごつごつしてて、思いっきり「酒!」というダイレクトなお味なのですが、これはマイルドでおいしかったな〜。ちょっと肉まんの皮に似てるかな。




と、おなかもふくれたところで、今日はこのへんで。

次回は、小原のおばあちゃんたちのお話です。


では〜〜〜☆








20130130

でたでた!つちのこ2号だよっ!/おもしろいね、neccco市☆



こーんにーちは〜〜!

どうも、伊藤です。ものすごくおひさしぶりブログです。(マメさに欠けるいけないわたしです)


あっっっというまに、
1月ももう終わりですね、もうすぐ節分だ〜。
早くあったかくならないかな、桜咲かないかな〜って、このごろですネ。



さて!
そんな春も待ち遠しい今日このごろ、ですが、つちのこマガジンの、第2号が、
ななななななんと、できましたーーーーーーーーーっ!!わーーいっ!


http://md.aichi-fam-u.ac.jp/~tsuchinoko/

(↑こちらのURLから見れます)


テーマは、「食のとっても良いかげん」!
食べることをめぐって、
あっちへふらふら、こっちへふらふらと、書きました。


「良いかげん」とあるだけに、
けっこうふわふわとした中身になっております。
(いや!けっして、てきとうとか、そういうんじゃないんですヨ…!/汗)


はい。
よろしければ、ぜひにぜひに、のぞいてみてください〜〜。






もうひとつ!




先週、つちのこ第三号の取材で、
わたしは、愛知県のいろんなところを、うろうろ、うろうろとしてまいりまして、お会いした皆様がもう、
かなりハッピーで面白い方々で、感激だったのですが(ご紹介いただいた敬子さん、喜一さん、本当にありがとうございました!)、


いやーーー、愛知県、楽しいです。
いろんな人がいるんだなあ。



さてさて、その取材の中で、先日の日曜に、覚王山にて開かれた
「neccco市」(ネッコ市とよむ)という所に行ってまいりましたので、その様子をすこうしお届けします。


ネッコ市、という、かわいい名前の市場があるのです。
月に1回覚王山で開かれていて、誰でも買えるし、出店できる!


これは、みかんさんと、マッキーさんという二人の女性が始められた市で、
みかんさんが、高知県の日曜市を訪ねられた時に、
日常のなかに、市というものがある文化っていいな、と思われたのがきっかけなのだとか。
何をかくそう、わたしもそういう、おばあちゃんが野菜を売ってて、道ばたでわいわいお話できて、という市が大好きなのです。


ともあれneccco市!
果たしてどんなところなのか、いざ!






どどーん。こ・こ・だ!
なんとなんと、予想に反して家!!斬新すぎる…!


中をのぞくと、どうなって……???おそるおそる、がちゃり…。






おお〜!なんか狭いけど、にぎわってるなあ。







おお、奥には食べるスペースがあるのね。こちらもにぎわってるなあ。





ほんとに、おうち、なんですね。
みんなあの扉をあけて、ひっきりなしに入って来られます。
そして、買い物をするときはお店の前に座ってお話というスタイルが、なんともかわいい!あたらしい!!


さて、どんなもの売ってるのでしょうか〜♪



こ、これはお帽子…!と、おさら…!!




わっわっ、かわいいっ!!!帽子の上の、白いのんは、「富士山」なんだって!
(あまりのかわいさに、早々、胸をわしずかみにされるわたし)






うぎゃーおいしそう!豆乳クリームのショコラケーキ。




ジャムもきれいだね!




お、おなかすいてきた…。キッチンではどんなご飯を売っているのだろう?



キッチンはこのような感じで、3軒くらいお店がはいってる様子。
人をかきわけ、かきわけ、行きます。




お、ミュージシャンなおじさん。コーヒー屋さんもあるんですね。
楽しげ〜。




こちらは、サーターアンダギー屋さん「ディダディダ」の女性。良い笑顔〜!
む、かまぼこおにぎり…!?とは一体…?






なんと親切な方が、どうそ一口、とすすめてくれました。
こ、これが、かまぼこおにぎり!
ごはんを、魚のすり身で巻いて、いっかい揚げて、蒸したもの、だそう。

おいしい〜〜。やさしい味だ〜〜。





席がないので、このように、適当な場所に座って食す、というスタイルなのですね。
そして、周りの人としゃべる。わきあいあいとしています。

おっ、さっきの、ミュージシャンなおじさんです。





なに食べてるんだろう〜?

こ、これは…!?




あーーー!!うわさの、みかんカレーじゃないですか。
さきほどの、この市をつくった方の一人、みかんさんは、実はカレー屋で、
毎回違う味のカレーを出していて、それが絶品なのだそう!!


今日は白いカレー。おいしそう〜〜〜。いいな、いいなあ。


え、一口どうぞって、いいんですか、そんなそんな…(と言いつつ、食べるわたし)。


うまいっす!!ポテトサラダも、おいしいです!
ありがとうございます〜〜。





この人が、みかんさん☆いろいろと、お話してくれました。




あ、みかんカレーって、そういうことなんですね!
「そうです未完のカレーなんです」と、みかんさん。このカレーに惚れ込んで来る人も後をたたないとの噂…!おそるべし。
でも本当に、おいしく、あたらしい味でした。






と、突如、アロエを持ったおじさん達が現れました…!なんだなんだ。
よくわからないけれど、アロエ鋭利すぎる!刃物みたいだ!(笑


わりとおおらかでなんでもありな空間です。



なんていうか、笑顔がたえず、
おしゃべりが楽しい!そしておいしいものがある!

出展者の方々も、楽しそうです。






主婦の方とか、お店をされている方とか、いろいろなのですが、
ここに毎月きて、顔を合わせて、おしゃべりする場がある、
というのが、なんかすごくいいな、と思います。





この感じ、もちろん入りやすい入りにくい、は人それぞれあると思うのですが、
私はすごく居心地よくて、
あまりにおしゃべりが楽しくて、取材そっちのけで、帽子屋のお姉さんに人生相談にのってもらったりしていました(笑


こんなとこ初めて来たなあ!







はい。素敵な、neccco市でした。
またつちのこ第三号に載せる予定なので、乞うご期待、です☆



第三号は、3月にむけ、ばりばり、ゆるゆると製作中です。
テーマはneccco市、と関連して、「根っこ」にまつわる事柄です。
またおいおい…発信してゆきます、ね!



それでは今日はこのへんで!



みなさまごきげんようっ☆






伊藤もりか














































































20121127

おシャンティー☆オーガニックガーデンにウハウハな秋/お知らせなどなど



こん、にち、わっ!!



伊藤です。元気です。



時間がとっても早くて、あっ………(右から左へすごく速いものがしゅん!)って感じで、過ぎていく今日この頃。気づけば11月も終わるではないか!!がーん。



秋が濃く、なりましたねえ〜。
街も、人も、ねこも、ざああっとふぶく落ち葉のなか〜(うっとり)。



なんだかもう、もう、走り出したくなっちゃいますねっ!







そんなロマンチックな秋の休日、兵庫県宝塚にある、オーガニックフラワーのガーデンへ行って参りました〜〜〜。



みなさん、宝塚っすよ、宝塚!ズカ!!


そこに、「シーズンズ」という、オーガニックで美しいガーデンがあるらしく、イギリス人のポール・スミザーという方が、それをつくってらっしゃって、今日はその、ポールさんの講演会があるというので、わたしははるばる三重から、意気揚々と出かけたのでした(この日が楽しみすぎて、前日寝れないというおばかなコンディションでした…)。



ですので、超超、マニアックな植物の話でございます。
うはうは。



それでは、いざ!




じゃん!




ヅカ!人生初、宝塚の町上陸。
タカラジェンヌが普通に街を歩いていて、おほお〜、となりました。






神戸あたりもそうだけど、ほんとにこのへん異国情緒というか、こぎれいな町です。
ぜんたい、植栽が美しく、通りを歩いているだけでロマンチックな気分に浸れる。
秋だしね!



宝塚駅を出て劇場や学校やそこに集うファンの人々を脇目に、すこうし歩いた所に、オーガニックガーデン「シーズンズ」がこじんまりとあります。



それでは、いざ、ガーデンへ!






ぱああ!でたあ…!


お庭に入ったらちょうど日がさしてきて、うれしい。




ジャジャジャ、ジャスミーーンッ!!
の花っ!!めちゃいいにおい。





おほお〜〜。うるわしき紅葉。




まああ〜、よいわねええ〜。
って感じのお庭です。

宝塚のマダム達はここで、よいわねえってひと時をすごすのかしらん。


それにしても、こんな、素敵な植物さん達の世界が、神戸の町なかに突如として広がっているのです。それがすごい。
小さい所ですが、季節ごとに変わる緑が見れるたのしいお庭。
やはりオーガニックだ、というところに、わたしは注目しているのですが、
農薬とか化学肥料を使わずに花や木を育てると、暑いとか寒いとか自然のちからをもろにあびた、うつくしくてつよい植物ができる、そんなかんじがあります。



そしてこのひとが、ポールさん!!
この素敵なお庭を作った方です。



彼は、長野在住のガーデンデザイナー。
みんなでお庭を回遊して説明を受けてるところです。




とってもチャーミングで、さらに植物への愛がハンパない!そんな素敵なナイスガイ!





この手前の黄色い葉の木は、フォレストパンジーといって、



春にはそれは美しいピンクの花をつけるそう。そして、新芽は紫色なんだって。
横に広がって生えるから広い所に植えるべしとおっしゃっていました。


いや〜めっちゃかわいいですねえ〜。うふうふ。





聞いているのは造園関係者の方々が多いよう。
みんな真剣!





この大きな木に這わせてあるのは、オールドローズ。
春になると、ここにバラ!バラが咲くんだって。

すすす素敵すぎるっ。想像したら悶絶のかわいさですよね!







そして、わたし的にかなり「これはアツい!」のがこちら!


ちょっとぼけちゃったのが悔しいのですが、壁ぎわの植栽です。
すてきですね〜。
イギリスなんかではよくあるらしいんだけど、日本じゃあまり見かけないですよね。

左の高めの木(左右に枝を広げているの)は、リンゴの木なの〜



太陽の光が、壁にあたって、その余熱で真っ赤なおいしいリンゴができるのですってよ!







あわわわわわ、みつけてしまったーーー☆
リンゴリンゴ!かわいいっ










いやーー、うつくしい…。



こんなかんじで、うはうはもえもえと、
充実の時間を過ごさせて頂いたのでした。



このシーズンズガーデン、なんと、採算があわず来年の冬に閉園してしまうそうです。
ざんねんだな…。
みなさんぜひぜひ、なくなる前に足を運んでみてはいかがでしょうか。
とっても素敵ですよ。





ガーデンレポートはこれでおしまい!





はい!

お知らせあります!


わたしがつくったつちのこマガジンの、紙冊子、
「別冊つちのこマガジン 生きて食べる農業」が、この冬に開かれる学生フリーペーパーの祭典SFF(student freepaper forum2012) というものにエントリーしたらなんと!


奇跡的に一次審査通過しまして、
二次審査に進む事になったそうです。



およよよよすげー。



二次審査員の方々、豪華で、「ダ・ヴィンチ」の編集長とか、「装苑」の編集長とか、「Pen」の編集長の方々が、いらっしゃるそうです。


(うええええ…書いてて胃が、きんちょうで、ひゅってなってきた…。そんな方々が読んでくださるのだそうだ。畏れ多すぎるぜ!)



これがその、フリーペーパーの表紙の感じです。



そしてこれが中身になっております(PDFデータです)。
http://tsuchi-no-ko.com/wordpress/wp-content/uploads/2012/11/8120504b9c52f416d44c355653d4358c.pdf



今月末まで、WEB投票もしてるようなので、みなさま、気が向けばぽちっと、つちのこに一票おねがいしますすす…。
http://sff-web.com/vote.php



もろに宣伝しちゃってますね(あせあせ)。




そして!



遅れに遅れている、つちのこマガジン第二号、
もうすぐできます!


表紙だけ…



ちらっ





テーマは、ずばり、
食の、とっても良いかげん!


なんじゃそりゃーって感じですが、
うふふ、中身は乞うご期待、です。


ヘイ!やるぞー!



それでは今日はこのへんで☆








寒くなってきましたので、つるりとしたお月さまが、とてもよくみえます。
満月は近いぜ。



ではっ!





伊藤もりか